競輪で大損したときの体験談



昔からギャンブルは好きな方でしたが、
社会人になってからは自分の自由になるお金が増え、
それに比例してギャンブルに掛けるお金の額も増えていきました。

普段から休みの日には、パチンコか競馬でひと稼ぎするのが日課でしたが、
ここ数年はまっているのが競輪です。

競輪の魅力はたくさんありますが、
皆さんに知っておいて頂きたいのは、魅力が多い分、リスクも多いという事です。

競輪はハンデのないレースで、選手生命も他の競馬等と比べて長い為、
比較的分析がしやすいという認識が一般的ですが、 私も大穴狙いでなく、
確実に情報を分析したうえで本命狙いをする性格なのですが、
人生で一度だけやってしまった冒険で大損をしてしまったことがあります。

いつものようにデータ分析によって理論的に狙っていたお気に入り選手がいましたが、
その日に限って前回のレースのデータを間違ってリサーチしてしまい、
1か月前のデータで買ってしまったのです。

競馬には連闘馬もいますがだいたい1か月前のデータでしかなく、
オートレースや競艇は毎日メンテを行って調整結果が激しい、
競輪こそが体勝負の直近のデータが必要なのにもかかわらず、古いデータをもとに、
よりによってボーナスの殆どをつぎ込んで大損を喫してしまいました。

ボーナスがなくなったのは言うまでもありません。